2018年7月29日日曜日

光るカードづくり ~光る潜水艦のカード~

今日はチビトロニクスローンフォーンのスタンプとダイを使った光る潜水艦のカードです。


フラップを開けると潜水艦の窓が光ります。



こちらのスタンプとダイを使いました。
"Lawn Fawn you are sublime lawn cuts"


"Lawn Fawn lift the flap circles lawn cuts"
"Lawn Fawn porthole frames lawn cuts"




光るカードを作るために必要なものはこちらです。
"Chibitronics Pink, Orange, and Green LED Sticker Pack"
"3V coin cell battery (CR2016)"
"5mm wide Copper tape"


使ったペーパー類はこちらです。
"Lawn Fawn wishing well 12inch paper"
"2mmの厚さのフォームシート"
"白のカードストック"
"白のトレーシングペーパー"
"Lawn Fawn moonstone cardstock"
"シルバーのフォイルペーパー"


下の写真を参考にしてパーツを準備します。

  • 4.25x11インチの水色のカードストック
  • 水色のカードストックを一番大きいフラップのダイでカットする
  • 4.25x5.5インチの白のカードストック(回路用)
  • 4.25インチ角のパターンペーパー
  • 水色のカードストックを一番大きいフラップのダイでカットし、スコアラインから1/4インチのところでカットする
  • パターンペーパーをフラップと波のダイでカットする
  • シルバーのフォイルペーパーとフォームシートを一番大きいフレームのダイでカットする
  • 潜水艦の窓の裏に貼るトレーシングペーパー
  • 黒のカードストックを細長いラベルのダイでカットし、センチメントをスタンプして白のエンボスパウダーでヒートエンボスする
  • 0.5x2.5インチのプルタブパーツ(水色のカードストックとアセテートシート)
  • 0.5x0.5インチのスイッチパーツ3枚

白のカードストックに潜水艦、ダイバー、アンコウ、ロブスターのスタンプを押して、コピックで色を塗ります。 (Y02, Y06, R35, R22, C2, C5, YR02, YR04, B00, E00, V12, V15) 潜水艦の窓をクラフトナイフでカットし、コーディネートダイでカットします。


水色の表紙を回路用の白のカードストックに重ねて、フラップの輪郭を鉛筆でなぞります。フラップのスコアラインから1/4インチのところに線を引きます。


水色のカードストックとアセテートシートのプルタブパーツを貼り合わせて、端から1/2インチのところを折り曲げます。フラップの左端から3/8インチのところにプルタブパーツを貼りつけます。


プルタブパーツの輪郭をなぞります。

  • フラップを閉めた状態でプルタブパーツの先端に印をつける (ラインA)
  • フラップを開けた状態でプルタブパーツの輪郭を鉛筆でなぞる (ラインB)
  • フラップを開けた状態のプルタブパーツの先端の位置から1/2インチ上に線を引く (ラインC)
  • プルタブパーツの輪郭の中心に線を引く

ラインAからCの間に幅1㎜のスリットを作る。


水色の表紙をパターンペーパーに重ねて、プルタブパーツの部分に印をつけます。潜水艦とダイバーをパターンペーパーの上に置いて、潜水艦の窓に印をつけます。


潜水艦の窓と、プルタブパーツを通すためのスリットをクラフトナイフで切り抜きます。


パターンペーパーを回路用の台紙の上に重ねて、窓の部分に印をつけます。


回路を作ります。

  • チビトロニクスと電池の位置に印をつける
  • 鉛筆で回路を書きこむ
  • マイナス側の回路はスリットの上の端を通るようにする
  • 電池の位置に両面テープを貼る

鉛筆で書いた回路の上に銅箔テープを貼ります。

  • 電池のところまで来たらマイナス側の銅箔テープは両面テープの剥離紙をはがした上に貼り、折り返してカットする
  • プラス側は電池のところで少し余分を残してカットする

電池はプラスを表にして両面テープの上に貼り、プラス側の銅箔テープを電池の上に貼ってカットします。

  • オレンジのチビトロニクスを印の位置に貼る
  • チビトロニクスの上からも銅箔テープを貼って補強する

スイッチパーツを作ります。

  • 0.5インチの正方形のカードストックを半分に折って、スリットに差し込む
  • スイッチパーツをスリットの上端に寄せて、台紙側に貼ってある銅箔テープと同じ位置になるところに銅箔テープを貼る
  • スイッチパーツをいったんスリットから抜いて、ぐるっと一周銅箔テープを巻いて十字型のパーツを作る
  • できたパーツをもう一度スリットに差し込んでチビトロニクスが光ることを確認する

0.5インチの正方形のパーツに両面テープを貼り、スイッチパーツの裏に貼ります。


表紙を作ります。

  • 潜水艦とダイバーのパーツをパターンペーパーに貼る
  • 潜水艦の窓の裏にトレーシングペーパーを二重にして貼る

フラップの上にアンコウ、ロブスター、波のパーツを貼ります。シルバーのリングパーツとセンチメントのラベルを表紙に貼ります。


プルタブパーツをスリットに通して、パターンペーパーを水色の表紙の裏に貼ります。


裏から見るとこうなっています。


表紙のフラップの裏に、もう1枚のフラップを貼ります。


リング上のフォームシートのフレームを回路を貼った台紙に貼ります。フォームテープを台紙の周囲とプルタブパーツの両脇に貼ります。スイッチパーツの上に両面テープを貼ります。


スイッチパーツをスリットの下の端に置き、両面テープの剥離紙をはがして、表紙を回路を貼った台紙に重ねます。


表紙と台紙を貼り合わせます。


完成したパーツの裏に両面テープを貼ります。


表紙を二つ折りにした水色のカードストックに貼りつけます。


完成しました!
フラップを開けると潜水艦の窓が光ります。


詳しい作り方は動画にしましたので、よかったら参考にしてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿