2018年6月29日金曜日

光るカードづくり ~光るジェットコースターのカード~

今日はチビトロニクススタンピンアップレット・ザ・グッドタイムス・ロール・バンドルを使った光るジェットコースターのカードです。


カードを開いてプルタブを引くと、星が点滅してポップコーンの屋台が光ります。.




こちらのスタンプとダイを使いました。


"Lawn Fawn starry skies die"
"Lawn Fawn push here stamp set"


光るカードを作るために必要なものはこちらです。
"Chibitronics Red, Yellow, and Blue LED Sticker Pack"
"Circuit Sticker Effects Add-on"
"3V coin cell battery (CR2016)"
"5mm wide Copper tape"
"Conductive Fabric Tape Patches"


使ったペーパー類はこちらです。
"Tim Holtz Idea-ology deco sheets"
"黒、紺、白、黄色のカードストック"
"白のトレーシングペーパー"


下の写真を参考にしてパーツを準備します。

  • 黒のカードストック2枚 (4.25x5.5inch)
  • 5.5x11インチの紺のカードストック
  • コースターや屋台のパーツ用の白のカードストック
  • 白のトレーシングペーパー
  • シルバーのデコシート
  • センチメント用の黒のカードストック
  • プルタブパーツ2枚 (0.5x2inch)
  • スイッチパーツ2枚 (0.5x0.5inch)
  • ポップアップパーツ用の紺のカードストック (0.5x2inch)
  • 旗用の黄色のカードストック
白のカードストックにコースター、プレゼント、屋台をスタンプしてダイカットします。黄色のカードストックを旗のダイでカットします。


屋台のパーツのうち、表になる方の1枚の壁の部分をクラフトナイフで切り抜きます。
切り抜いたらもう1枚のパーツと重ねてチビトロニクスを貼る位置に印をつけます。


切り抜いた部分には白のトレーシングペーパーを二重にして貼ります。


センチメントを黒のカードストックとプルタブパーツにバーサマークで押して、ゴールドのエンボスパウダーでヒートエンボスします。


紺のカードストックをジェットコースターの線路のダイでカットします。この時、ダイにもともとついている線ではなく、ダイの下から13㎜の線をカードストックの中心線に合わせるようにします。(ダイの不具合で、もともとの線をカードストックの中心線に合わせてカットすると、カードが閉じなくなってしまいます。)


シルバーのデコシートを線路のダイでカットして、下の写真を参考にして切り取ります。


切り取ったシルバーのデコシートを紺のカードストックに貼ります。
星のダイで背景の部分をカットします。


スコアラインに沿って折っていきます。


幅1/2インチの紺のカードストックを折り曲げてポップアップパーツを作り、線路の右下の部分に貼ります。


横から見るとこんな感じです。


ポップアップパーツの根本に銅箔テープを通すためのスリットを作ります。


黒のカードストック2枚を2㎜の間隔を空けて黒のマスキングテープで貼り合わせます。


紺のカードストックを黒のカードストックに重ねて、光らせたい部分に印をつけます。この時に、線路の位置や角の部分にも印をつけて、後で回路を書くときに表から見えてしまわないようにします。


回路を作ります。

  • 下から1.5インチのところから、0.25インチ間隔で3本の線を引く
  • 真ん中の線の右端から0.25インチのところから1インチの長さのところに印をつけ、その間に幅1㎜のスリットを作る
  • チビトロニクス、エフェクトステッカー、電池の位置に印をつける
  • 鉛筆で回路を書きこむ
電池の位置に強力な両面テープを貼ります。


鉛筆で書いた回路の上に銅箔テープを貼ります。

  • 電池のところまで来たらマイナス側の銅箔テープは両面テープの剥離紙をはがした上に貼り、折り返してカットする
  • プラス側は電池のところで少し余分を残してカットする
  • カードストックの折れ曲がる部分や銅箔テープの分岐の部分に導電性のファブリックテープを貼って補強する
  • ポップアップの根本のスリットの位置まで来たら、銅箔テープを5㎝ほど残してカットする
チビトロニクスとエフェクトステッカーを印の位置に貼ります。

  • チビトロニクスの上からも銅箔テープを貼って補強する
  • 電池はプラスを表にして両面テープの上に貼り、プラス側の銅箔テープを電池の上に貼ってカットする(必要ならファブリックテープで補強する)

スイッチパーツを作ります。

  • 0.5 x 0.5 インチの正方形のカードストックを半分に折って、スリットに差し込む
  • スイッチパーツをスリットの右端に寄せて、台紙側に貼ってある銅箔テープと同じ位置になるところに銅箔テープを貼る
  • スイッチパーツをいったんスリットから抜いて、ぐるっと一周銅箔テープを巻いて十字型のパーツを作る
  • できたパーツをもう一度スリットに差し込んでチビトロニクスが光ることを確認する
スイッチパーツに両面テープを貼って、表と裏からプルタブパーツを貼りつけます。2枚のプルタブパーツは厚さ1㎜のフォームテープで貼り合わせます。


紺のカードストックの星の部分の裏からトレーシングペーパーを二重にして貼ります。


回路を書きこんだ方のポップコーンの屋台のパーツをポップアップパーツに貼りつけます。


紺のカードストックの下半分に厚さ1㎜のフォームテープを貼ります。


紺のカードストックの上半分には厚みのない両面テープを貼ります。


紺のカードストックを黒のカードストックに重ねて屋台の根本のスリットに銅箔テープを通します。紺のカードストックを黒のカードストックに貼り合わせます。


ポップコーンの屋台のパーツに銅箔テープを貼り、チビトロニクスを貼りつけます。チビトロニクスの上からも銅箔テープを貼って補強します。


旗、コースター、屋台のパーツを貼りつけます。


センチメントのパーツを貼りつけます。


表紙を作ります。

紺のカードストックにセンチメントとジェットコースターの線路のスタンプをバーサマークで押して、シルバーのエンボスパウダーでヒートエンボスします。



コースターと屋台のパーツを貼りつけます。表紙の裏に両面テープを貼って、カード本体に貼ります。


完成しました!

カードを開いてプルタブを引くと、星が点滅してポップコーンの屋台が光ります。


詳しい作り方は動画にしましたので、よかったら参考にしてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿