2018年5月24日木曜日

初心者向けチビトロニクスカード ~電池交換できる光るサボテンのカード~

このブログでは主にチビトロニクスを使ったカードを紹介しているのですが、最近はどんどん複雑化していて、これからチビトロニクスを使ったカード作りを始めたいという方にはハードルが高くなってしまっています。そこで今日から3日間にわたって "Chibitronics card for beginners" と題して、チビトロニクスを使った初心者向けカードの作り方をご紹介したいと思います。

1日目の今日は Chibitronics と真理子さんの CACTI THANK YOU CARD KIT を使った光るサボテンのカードです。


一番右の植木鉢を押すと、サボテンとハートが光るようになっています。
そしてなんと、こちらのカードは電池が交換できるようになっているんです。


今回使ったのはこちらのキットです。
"Mariko Brown CACTI THANK YOU CARD KIT"


キットを持っていない場合はこちらのダイとスタンプを使います。


"Mariko Brown bold thank you"


光るカードを作るために必要なものはこちらです。
"Chibitronics Pink, Orange, and Green LED Sticker Pack"
"Chibitronics Red, Yellow, and Blue LED Sticker Pack"
"3V coin cell battery (CR2016)"
"5mm wide Copper tape"


下の写真を参考にしてパーツを用意します。


  • 5.5 x 8.5 インチのライトブラウンのカードストック
  • 4 x 5.25 インチの白のカードストック(回路用)
  • トレーシングペーパー
  • 1 x 1.5 インチの厚紙 4枚(電池ボックス用)
  • 1 x 2 インチの白のカードストック(スイッチ用)
  • 1 x 1 インチの白のカードストック(電池ボックスのふた用)
  • クリーム色のカードストックを植木鉢、サボテン、ハートのダイでカットして、"THANK YOU" のスタンプを押しておく
  • 植木鉢とサボテンのパーツをそれぞれ3個
ダイカットしたクリーム色のカードストックを回路用の台紙に重ねて、光らせたい位置とスイッチの位置に鉛筆で印をつけます。


1x2インチの白のカードストックを半分に折ってスイッチの場所に貼り、鉛筆で回路を書きこみます。


チビトロニクスのマイナスと電池のマイナス、チビトロニクスのプラスと電池のプラスをつなぎます。

鉛筆で書いた回路の上に銅箔テープを貼ります。貼り終わったらボーンフォルダーなどで上からこすってしっかり貼りつけます。


両脇のサボテンの位置に緑、真ん中のハートの位置に赤のチビトロニクスを貼りつけます。


プラスを上にして電池をスイッチの場所に置き、チビトロニクスが光ることを確認します。
ちゃんと光ったらチビトロニクスの上からも銅箔テープを貼って補強します。


電池ボックスを作ります。

電池を厚紙の上に置いて輪郭を鉛筆でなぞり、クラフトナイフで切り抜きます。
直径20㎜のサークルパンチがあれば、それで抜いてもいいと思います。
ふたはカードの厚さに合わせて折っておきます。


4枚の厚紙をボンドで貼り合わせて、ふたもボンドで貼っておきます。


厚紙の厚さが電池の厚みとほぼ同じになるように枚数を調整します。


表紙の裏にトレーシングペーパーを二重にして貼りつけます。
(二重にするのは回路が表から透けて見えてしまわないようにするためです。)


ダイカットしたサボテンと植木鉢のパーツを貼りつけます。


3㎜の厚さのフォームテープを、回路を貼った台紙の周りと電池ボックスの両脇に貼ります。


分厚いフォームテープがない場合は、電池の厚さよりフォームテープが厚くなるように薄いフォームテープを貼り重ねます。

表紙を回路を貼った台紙に貼りつけます。


裏面に両面テープを貼ります。


完成したパーツを、二つ折りにしたライトブラウンのカードストックに貼りつけます。


電池ボックスの部分を横から見るとこんな感じです。


このままでは電池ボックスが落ちてしまうかもしれないので、3㎜幅のマスキングテープで固定します。
3㎜幅の白のマスキングテープに "OPEN WITH CARE" のスタンプをステイズオンで押します。
(ちょうどいいスタンプがない場合は手書きでもOKですよ。)
今回はこちらのスタンプを使いました。
"Heffy Doodle Interactively Yours Stamp Set"


電池ボックスが落ちてこないように、マスキングテープを貼って止めておきます。


完成しました!


電池交換ができると長い間カードを楽しむことができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


詳しい作り方は動画にしましたので、よかったら覗いてみてくださいね。





チビトロニクスを取り扱っているクロップパーティーさんでは現在、チビトロニクスを使った作品を対象にしたチャレンジ企画を開催中です。
ご応募の条件は、「クロップパーティーで購入したチビトロニクスの商品を使ったライトが点く作品であること」の一つだけ。手作りの作品であればジャンルを問いません。

完成した作品の写真をインスタグラムに投稿して「#CPチャレンジチビトロニクス」、「#クロップパーティー」、「#chibitronics」の3つのハッシュタグをつけていただければOKです。
その中で基本編に近いシンプルな作品の中から「真理子賞」、複雑な作品の中から「eiko賞」、そして全ての作品の中から「総合賞」をお一人ずつ選ばせていただいて、チビトロニクスのスターターキットやテンプレート、非売品の日本語ブックレット等をプレゼントさせていただきます。
チャレンジ企画の詳細はこちらの真理子さんの記事でもご確認いただけます。

お一人様何点でも応募可能ですので、ぜひ、ご参加くださいね。
できれば完成した作品のほかに、回路の写真も載せていただけると嬉しいです。

~総合賞の賞品はこちら~
チビトロニクススターターキット(日本語ブックレットに変更済み)
チビトロニクスのテンプレート


~真理子賞、eiko賞の賞品はこちら~
チビトロニクスの日本語ブックレット(非売品)
チビトロニクスのテンプレート
Conductive Fabric Tape


それではよろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿