2017年11月15日水曜日

光るカードづくり ~光るクリスマスオーナメントタグ~

今回はチビトロニクスを使った光るオーナメント型のタグを作ります。
このタグは二つ折りになっていて、中にメッセージが書けるようになっています。


プルタブを引くとオーナメントが光ります。



こちらのスタンプとダイを使いました。




緑、白、シルバーのカードストックとトレーシングペーパー、緑のフォームシート(厚さ2㎜)、幅広の両面テープを使いました。


光るカードを作るために必要なものはこちらです。
"Chibitronics Red, Yellow, Blue MegaPack"
"3V coin cell battery" (CR2016)
"5mm wide Copper tape"


下の写真を参考に、パーツを準備します。



  • 二つ折りにした緑のカードストックをオーナメントのダイでカットする。
  • 緑のカードストックをオーナメントのダイと飾りのダイでカットする。
  • 回路用に白のカードストックをオーナメントのダイでカットする。
  • シルバーのカードストックを飾りのダイとトップパーツのダイでカットする。
  • 緑のフォームシートをオーナメントの台とサークルのダイでカットする。
  • 飾りパーツの裏から貼るトレーシングペーパーを準備する。
  • プルタブパーツ (0.5 x 2 inch)
  • スイッチパーツ (0.5 x 0.5 inch)
  • シルバーの飾り紐を準備する。

赤の方はこちらを参考に準備してください。


オーナメントのスタンプをバーサマークでスタンプして、シルバーのエンボスパウダーでヒートエンボスします。


二つ折りにしたタグの裏にセンチメントのスタンプをバーサマークでスタンプしてシルバーのエンボスパウダーでヒートエンボスします。


表紙のパーツを回路用の台紙に重ねて、ライトの位置に鉛筆で印をつけます。


プルタブの位置にも印をつけます。


プルタブの中央にスリットの印をつけて、長さ1インチ、幅1㎜のスリットをカットします。


チビトロニクスと電池の位置に印をつけて、鉛筆で回路を書きこみます。


電池を置く場所に両面テープを貼りつけ、鉛筆の回路の上に銅箔テープを貼ります。


電池をプラス側を上にして両面テープの上に貼り、プラス側の銅箔テープを電池の上に貼ります。


赤のチビトロニクスを印の上に貼ります。


スイッチパーツを作ります。


  • 正方形のパーツを半分に折る。
  • スイッチパーツをスリットに差し込む。
  • 台紙に貼った銅箔テープと同じ位置になるようにスイッチパーツに銅箔テープを貼りつける。
  • スイッチパーツをいったん引き抜き、パーツの周囲に1周ぐるっと銅箔テープを貼る。
  • 十字型のスイッチパーツを作る。

スリットにできあがったスイッチパーツを差し込みます。


スイッチパーツに両面テープを貼り、プルタブパーツを貼りつけます。


裏側も同じように貼ります。


台紙の周囲にフォームシートを貼ります。


飾りパーツの裏から二つ折りにしたトレーシングペーパーを貼ります。


飾りパーツをオーナメントに貼りつけます。


できたパーツを回路を貼った台紙に貼りつけます。


幅広の両面テープをオーナメントのダイとサークルのダイでカットします。
カットした両面テープを台紙の裏に貼ります。


できたパーツを二つ折りにしたオーナメントに貼りつけます。




トップの穴にシルバーの飾り紐を通して結びます。



完成しました!

プルタブを引くと、オーナメントが光ります。

光るクリスマスオーナメントのタグの作り方、わかりましたか?
詳しい作り方は動画にしましたので、よかったら参考にしてくださいね。


0 件のコメント:

コメントを投稿