2017年6月22日木曜日

家庭用プリンターでトレーシングペーパーに印刷する ~エプソンインクジェットプリンター編・後編~ 追記あり

前回はエプソンのプリンターでベタ面の多いデータを印刷してみた結果を載せましたが、今回はカラーの細かめのデータを印刷した結果を載せたいと思います。

こちらのデータを印刷してみました。


適度に細かい文字やカラーのベタ面などが含まれていて、濃い色から薄い色までいろいろな色が使われています。

まずは100均の紙です。
セリアの厚口トレーシングペーパーです。


ごくわずかに黒の部分が滲んでいるところもありますが、薄い色のところなどはあまり滲みは気になりませんでした。

次はセリアの薄い方のトレーシングペーパーと、ダイソーのトレーシングペーパーです。



やはり黒の部分を中心に、滲んでしまっています。

次はコクヨのトレーシングペーパーです。







どれも色の濃い部分は滲んでしまっています。

次はSAKAEテクニカルペーパーのSトレーシングです。










55g/㎡、75g/㎡、85g/㎡、95g/㎡、105g/㎡の紙はほとんど滲まずに印刷できましたが、それ以外は滲んでしまいました。

次はクロマティコとクラシコです。




この3つはどれもかなり滲みました。

次はクラフトメーカーのトレーシングペーパーです。



stampin upのものはかなり滲みましたが、papertreyinkのものはほとんど滲みませんでした。

次はインクジェットプリンター用のトレーシングペーパーです。



ふたつともまったく滲まずにきれいに印刷できました。

最後は桜井のカラーIJトレペ 90g/㎡です。


これも、よく見ると黒の部分が若干滲んでいますが、ほかはほとんど滲まずに印刷できました。

『追加』
Bazzillのペーパーでも試してみました。


こちらは黒の部分がごく一部滲む箇所がありましたが、細かい文字などは滲まず、比較的きれいに印刷できました。

カラーのデータの滲み具合はほとんど前回のベタ面のデータと同じでした。
黒などの濃い色、ベタ面などのインクの広い面はやはり滲みやすいようです。

薄い色でベタ面の少ないデータを印刷すればあまり滲みは気にならないかもしれません。

ということで、あえて全面ベタ面を印刷するとどうなるか、試してみました。
まずは普通のデータでは滲まなかったSトレーシング 75g/㎡です。


一見きれいに印刷できているようにも見えますが、全体的に黒っぽく、輪郭もぼんやりしています。
おまけにローラーにインクがついて汚い跡がついています。

次はSトレーシングの85g/㎡です。


やはり暗く、ぼんやりした輪郭になっています。

同じ紙でインクを薄くして印刷してみました。


色は多少明るくなりましたが、やはり輪郭はぼんやりしています。

次はベーススプレーをかけてから印刷してみました。


スプレーのないものよりは輪郭は少しはっきりしましたが、
それでも全体的に暗いです。

次はコクヨの40g/㎡の紙です。


予想通り、滲んで輪郭もぼんやりしており、ローラーの汚い跡もついてしまっています。

最後にインクジェットプリンター用のトレーシングペーパーに印刷するとどうなるか実験してみました。
SAKAEテクニカルペーパーのインクジェットプリンター用トレーシングペーパーです。


さすが専用紙だけあって色も明るく、輪郭もくっきりです。
汚いローラーの跡も付きません。
コクヨの40g/㎡のものと比べると違いは歴然としています。

やはりエプソンのプリンターにこういうデータを印刷するには、高くてもインクジェットプリンター専用のトレーシングペーパーを買わないといけないようです。

次回はキャノンのプリンターに印刷したデータをupします。

0 件のコメント:

コメントを投稿