2017年6月22日木曜日

家庭用プリンターでトレーシングペーパーに印刷する ~キャノンインクジェットプリンター編・後編~ 追記あり

家庭用プリンターでトレーシングペーパーに印刷するシリーズ、最後はキャノンのインクジェットプリンターでカラーのデータを印刷してみた結果です。

こちらのデータを印刷してみました。


まずは100均のトレーシングペーパーです。




ベタ面のデータと同じで、こちらもどれのきれいに滲みなく印刷できました。

次はコクヨのトレーシングペーパーです。







やはりこちらもベタ面のデータと同じで、どれもきれいに印刷できました。

次はSAKAEテクニカルペーパーのSトレーシングシリーズです。










こちらも薄いものから厚いもの、貼合わせSトレーシングまできれいに印刷できました。

次はクロマティコとクラシコです。




これも先ほどと同じで、クロマティコはきれいに印刷できましたが、クラシコの方は105g/㎡のものも175g/㎡のものも滲んでしまいました。

次はクラフトメーカーのトレーシングペーパーです。



stampin upのものもpapertreyinkのものもきれいに印刷できました。

次はインクジェットプリンター用のトレーシングペーパーです。



当然2種類ともきれいに印刷できました。

そして最後は桜井のカラーIJトレペです。


これも滲まずにきれいに印刷できました。

『追加』
Bazzillのペーパーでも試してみました。


こちらも特に滲まず、きれいに印刷できました。

やはり、ベタ面のデータと同じでキャノンのインクジェットプリンターではクラシコ以外のトレーシングペーパーは滲まずきれいに印刷できました。

試しに全面ベタ面のイチゴのデータを印刷してみました。






多少の色味の違いはありますが、いろいろなメーカーの薄いトレーシングペーパーでも厚いトレーシングペーパーでもきれいに滲まずに印刷できました。
色も鮮やかで輪郭もくっきりしています。
キャノンのプリンターの場合、特にインクジェットプリンター専用紙でなくてもよさそうです。

まとめると、キャノンのTS8030RDのプリンターの場合、黒を染料インクで印刷するように設定すると(写真に設定など)どのメーカーのトレーシングペーパーでも滲まずにきれいに印刷できました。
唯一滲んでしまうものはクラシコトレーシングですが、それでもエプソンのプリンターで印刷したものに比べると滲みは少なかったです。

最後に今回使用したプリンターとトレーシングペーパーの対応表を作ってみました。
PDFファイルになっているので、下の画像をクリックしてくださいね。

プリンターとトレーシングペーパーの対応表

0 件のコメント:

コメントを投稿